水素水 詐欺

最近、各地で耳にする「水素水」。
スポーツ選手や有名人に注目され、徐々に一般人にも広まりつつあります。

 

水素を含む製品は他にも、化粧品、入浴剤、水素ガスなどがありますが、飲むだけで簡単に体内へ取り込めるという点では、水素水がもっとも優れているでしょう。
ここでは、そんな水素水についてご紹介します。

 

水素の効果

 

スポーツ選手や有名人に注目される水素水の効果

 

水素には、活性酸素を取り除く力(抗酸化作用)があります。

 

活性酸素というものにはいくつか種類があり、その中に善玉の活性酸素(スーパーオキシド)と悪玉の活性酸素(ヒドロキシルラジカル)というものがあります。
普段、私たちの体内では善玉の活性酸素が作られているのですが、食品添加物や残留農薬などを多く含む食事や、日常のストレスなどが原因となって、悪玉の活性酸素が作られてしまいます。

 

善玉の活性酸素は、体内に入り込んだ細菌やウイルスの除去や、生理活性(体の機能の調整)の役割があり、私たちの生命を維持するのになくてはならない存在です。
しかし悪玉の活性酸素は、酸化反応を起こし無差別に体の細胞を傷つける非常に凶悪なもので、現代病の根源とさえいわれています。

 

水素はそんな悪玉の活性酸素を取り除く力があるのです。

 

水素(H2)は、毒性の酸素である活性酸素(O2)と結びつき中和し、化学反応によって無害な水(H2O)に変える事ができる抗酸化作用があります。

引用 水素水の効果ガイド|知っておきたい3つのポイント

 

水素の3つの特長

 

水素には、他の抗酸化物質(ビタミンやカロテノイド、ポリフェノール、コエンザイムQ10)よりも優れた点が3つ存在します。

 

1つ目は、分子が小さいため体のすみずみに入っていくことができるという点です。

脳や女性の卵子には細胞の防御機能があることから、他の抗酸化物質では進入が難しいのですが、水素は地球上でもっとも小さい物質のため、このような場所にも入って悪玉の活性酸素を除去することができます。

 

2つ目は、副作用がないという点です。

水素は悪玉の活性酸素と反応しても、水になるだけなので、体に無害なのです。また水素自体にも体外に逃げやすい性質があるので、飲みすぎて副作用が起こるということがありません。

 

3つ目は、悪玉の活性酸素のみに反応するという点です。

他の抗酸化物質では、体に必要である善玉活性酸素まで減らしてしまうことがあるのですが、水素は悪玉のみを水へと変えてくれます。

 

これらの特長があるため、水素水は健康と美容業界の人々から注目されているのです。